smile
1: @ちーそく 2019/02/25(月) 11:33:59.19 ID:ecIr5ccd9
第91回アカデミー賞の授賞式が2月24日(現地時間)、米ハリウッドのドルビー・シアターで行われ、異なる次元のスパイダーマンが
結集する世界を描いた「スパイダーマン スパイダーバース」が長編アニメーション賞を受賞した。なお、ノミネートされていた細田守監督の
「未来のミライ」は受賞を逃す結果となった。

物語の舞台は、時空が歪められたことにより、異なる次元に属する様々なスパイダーマンたちが集められた世界。スパイダーマンとしての
能力をうまく制御できない少年マイルス・モラレスが、長年活躍するピーター・パーカーの指導の下、一人前になるために成長していく姿を描く。

本作は、第76回ゴールデングローブ賞の最優秀アニメーション映画賞を獲得し、第46回アニー賞でも最高賞となる長編アニメーション作品賞を含む
最多7部門を制覇。第72回英国アカデミー(BAFTA)賞でもアニメーション映画賞に輝き、主要映画祭で受賞を重ね、第91回アカデミー賞では
オスカーの栄光に輝いた。アビ・アラド、そして「LEGO(R) ムービー」で知られるフィル・ロードとクリストファー・ミラーの監督コンビが製作を務め、
原作コミックに存在する様々なタイプのスパイダーマンを一挙に登場させる奇抜なアイデアと、3Dの背景に2Dのアニメーションを重ねる野心的な
映像スタイルが話題を呼んだ。

「スパイダーマン スパイダーバース」は、3月8日から全国で公開。

https://eiga.com/news/20190225/14/

【【速報】賞レース牽引した「スパイダーマン スパイダーバース」がアカデミー賞長編アニメーション賞受賞】の続きを読む